シミ・ニキビ跡が消えた!茶色の色素沈着を治して美肌になる方法

茶色のシミはメラニン色素の沈着

なんとかニキビは治ったけれど、肌の奥の方に茶色のシミが出来てしまった…。これが、いわゆる色素沈着型のニキビ跡です。

 

このシミの原因はメラニン色素です。メラニン色素はニキビの炎症よって肌に刺激を受けた際に、皮膚を守るために作られてしまったわけです。

 

メラニン色素は真皮を守るために表皮に作られるものですが、表皮はターンオーバーによって常に生まれ変っているんですね。ターンオーバーの周期は年齢によっても違いますが、概ね4週間程度と言われています。つまりターンオーバーを適切に促せば、メラニン色素を減少させてシミを目立たなくすることができるわけです。

 

洗顔と保湿ケアがカギ

色素沈着型のニキビ跡を消すには、肌のターンオーバーを促すことが大切です。そのためには、洗顔をしっかりとおこない、保湿対策を実践することが大切です。

 

色素沈着がおこったということは、肌に刺激を受けたということですから、もしかしたら今までの洗顔方法に問題があったのかもしれません。今までと同じ洗顔で大丈夫かどうか、ニキビ跡を治す正しい洗顔方法を確認してみてください。

 

実は、洗顔以上に大切なことがあるんです。それは保湿ケアなんです。

 

メラニン色素は表皮の奥にあるメラノサイトで作られるのですが、ターンオーバーによって肌の奥から角質層にせり上がってきて、やがて垢(あか)となって排出されます。

 

つまり、ターンオーバーを整えて、肌の生まれ変わりのサイクルをきちんと回してあげることが大切なんですね。

 

またターンオーバーが整ってくると、ニキビ跡治療の有効成分を肌の奥にしっかり届けることができるようになります。こうしてニキビ跡を根本的に治していくわけです。

 

UVケアでシミを増やさない!

茶色のニキビ痕が出来たということは、もともとメラニン色素ができやすい体質だと言えます。ニキビ跡を増やさないためにも、肌のターンオーバーを整えるのと同時に、紫外線対策をしっかりとおこなって皮膚への過度な刺激を未然に防ぐことが大切ですね。

 

また、美白効果のあるビタミンC誘導体やハイドロキノンを多く配合した美白化粧品を使って、日頃からメラニン色素の生成を抑えるようにしましょう。

ニキビ跡が消えた!誰でもできるシンプルで簡単な方法とは?


ニキビ跡を消す簡単方法