鼻の黒いニキビ跡を消す方法

黒いポツポツのニキビ跡を治す

鼻の黒いポツポツは角栓が詰まった毛穴が原因

鼻や頬にポツポツとできる黒い斑点は、皮脂が毛穴に詰まったもので、「角栓」と呼ばれています。これがいわゆる「黒いニキビ跡」の正体なんです。

 

この角栓、手でニュッと押し出したり、毛穴パックで取り除いたりしたくなる気持ち、よーくわかります。しかし、そこはグッとこらえてくださいね。

 

もし、角栓が取り除かれて毛穴がむき出しになってしまうと、そこから新たに汚れや最近が入ってしまって、ニキビの原因であるアクネ菌の増殖につながって、もっとひどい毛穴トラブルを起こしてしまうからです。

 

黒いニキビ跡を治す方法

黒いニキビ跡は放っておいて更に悪化すると、皮膚の中で炎症を起こして赤みのあるニキビ跡につながりますので、早めの対策が肝心です。

 

まずは角栓を徐々に取り除き、毛穴に皮脂がつまらない状態にしてあげることが必要です。

 

そのためには、日々の洗顔がとても大切です。ただし、決してゴシゴシと肌に負担をかけないようにしましょう。もし毛穴から角栓が飛び出してきても、無理に引っ張らず、自然に出てくるまで待ちましょう。引っ張りだしたい気持ちになりますが、無理に引っ張りだすと毛穴がぱっくりと開いてしまって、せっかくの苦労が水の泡になってしまいます。ここはグッと我慢してください。

 

「黒ニキビ」を予防するために気をつけたいこと

もっとも大切なことは、肌の汚れや余分な皮脂を落としてあげることです。ニキビ跡を消すには、肌のターンオーバーのサイクルを整えて、角質がきちんと生まれ変わるようにケアすることが大切です。

 

そのためにも洗顔と保湿ケアをしっかりと行って行うことが大切です。毛穴の汚れが気になる人は、エッセンス・クッション・ホイップを試してみると良いと思います。

 

 

 


ニキビ跡が消えた!誰でもできるシンプルで簡単な方法とは?


ニキビ跡を消す簡単方法